2005年09月23日

遺された家族のために(まさ)

私は生命保険の類は加入していないのですが
結婚をするときには、自分ひとりの体ではなくなるので、
保険加入も考えなきゃいけないなと思っていました。


友人のOさんがCFP(サーティファイド・ファイナンシャル・プランナー)をやっているので
保険のことについて聞いてみました。

結論として、Oさんの意見では
「20代30代で子供がいないうちは保険はいらない」
だそうです。


その論拠は、
「厚生年金でまかなえる」ということのようです。

曰く、「厚生年金はすごい保険」なんだそうです。

私にはピンと来ませんが・・・。



ガン保険についても聞いてみましたが、
やっぱり「いらない」んだそうです。

20代でガンになる確率は1%未満だし、
万一将来的にガンになったとして、
支払い金額は定額なのでインフレ率を考えると
ちょっと心許ないとかなんとか。

他にも
「日本で治療薬が認可されていないガンには・・・」
とか言ってたんですが、
私の知識不足で解釈を間違えて伝えるのは恐いので
これ以上は言及しません。



子供が生まれたら、
その子の分まで考えないといけないので
そのとき保険を考えましょうとのことでした。



要は、「なんのための保険」かをはっきりさせることが大事なんですね。

私の場合は、
「遺された家族が精神的ショックから立ち直り
 次の新しい人生を歩めるようになるまでの保証」


これがはっきりしましたね。

これが満たされていれば
必要以上の支出を増やすことはないってことです。



こんなのを見つけました。
 遺族基礎年金シミュレーション
 遺族厚生年金シミュレーション

自分が死亡したとき、
遺族基礎年金、遺族厚生年金でいくらもらえるかを計算しておくのも
いいことだと思います。

私の場合は両方合わせて130万円(年額)くらいでしょうか?

これで不足なら民間の保険に加入すればいいわけです。



OさんのHPにはお金に関するお役立ち情報が満載です。
 5年で手に入れる!経済的自由

日本ファイナンシャルプランナーズ協会無料相談もやってますので
利用してみたらいかがでしょう?
http://www.jafp.or.jp/kurashi_fp/


結婚に関してだけでなく、
お金について知ることはとっても大事ですね。



今日もHAPPYです☆


posted by まさ at 17:10 | Comment(5) | TrackBack(3) | 保険はどうする?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。